Saturday, July 4, 2009

74 ~ Forever ~

7月4日はアメリカでは独立記念日です。
ただ自分の中でいちばん大きな日として7月4日は日本の伝説バイクレーサー・ゼッケン74の「加藤大治郎」選手の誕生日。
その誕生日にちなんで付けられたゼッケン74。

世界でも彼の活躍は素晴らしく、2001年250ccクラスで世界チャンピオンに輝く!

小柄な加藤選手の活躍は、海外に居る我々日本人の誇りでもありました。
大きいゼッケン74の加藤選手のマシンが、歴代チャンピオンや、ベテラン達と接戦を繰り広げ勝利する姿に興奮し、熱狂し、感動しました。
2003年日本グランプリの事故で亡くなり、自分の心の中に大治郎選手の存在だけが残った。カメラマンになって必ず彼の最高峰クラスでのチャンピオンの瞬間を撮る事を目標にして来ていた矢先の事故だっただけに、とても残念です。
いまでも生きていたなら、絶対チャンピオンになれていたでしょう。

それでも自分もこれからも諦めずに彼の分まで、撮影し続けます。
そして加藤選手の変わりに果たせなかった日本人チャンピオンの夢を叶えてくれる選手が出て来てくれる事を信じて、いつの日か、必ず日本人チャンピオンの瞬間を撮ります。
ここで改めて加藤選手のご冥福を祈ります。

俺の『夢』、日本人の『夢』、世界チャンプの『夢』諦めずにこれからもシャッターを切り続けて行きます。
みんなも『夢』諦めずに希望もって行こう。
そうそう、ルーキーズの「夢にきらめけ、明日にときめけ」でいこう〜!
そのあなたの『夢』を『ぽち』に御願い〜

1 comment:

だーだ said...

あの日、鈴鹿で観戦していました。
転倒のアナウンス後、レース中に関係者から無事だと聞いたのですが、数週間後旅立ったことをニュースで知り驚きました。ロッシを倒せる可能性のあるライダーといえば日本では彼だっただけにとても残念です。